トップ>目標値引き額は?

目標値引き額は? トヨタ アイシス



ここでは車両本体価格からのアイシスの目標値引き額を、随時更新
していきます。

各自動車雑誌、各掲示板、ディーラー営業マンの話、などから管理人
が必死!にかき集めた情報を元に、目標値引き額を設定しておりま
す。

アイシスの値引き額の参考にどうぞ☆

こちらの目標値引き額は、管理人が独自に調べたものであり、すべての方がこの値
引き額で買えるという物ではありません。
購入する地域や、時期、タイミング、グレードなどによって、値引き額は変化します。一
つの目安として参考にしていただきたいと思います。


ガリバーのオンライン無料査定
(愛車の相場を調べられます)
2014年11月現在のアイシス目標値引き額

30万円

現在まだアイシスを購入できるようです。モデル末期なのでオプションからの値引きを含めたら40万円前後の値引き額を目指しましょう。

2014年9月現在のアイシス目標値引き額

30万円

2014年9月にアイシスが生産終了の予定です。新型は2015年登場予定??現行型を安く買うなら今がチャンス!ライバル他車と競合させて値引きを勝ち取りましょう。


2014年8月現在のアイシス目標値引き額

30万円

2014年9月にアイシスが生産終了の予定です。新型は2015年登場予定??現行型を安く買うなら今がチャンス!ライバル他車と競合させて値引きを勝ち取りましょう。


2014年4月現在のアイシス目標値引き額

30万円

4月になって消費税が上がりましたが、消費増税前の駆け込み需要により4月の新車販売は減少しているので、値引きも引き出しやすくなっています。また所得税の減税もあるので、増税前とそれほど変わらない価格でアイシスを購入できそうです。しっかりと値引き交渉して割安な購入を目指しましょう。


2014年3月現在のアイシス目標値引き額

30万円

4月からの消費増税の前に新車を購入したいところですが、3月中に登録できなければ増税前の恩恵は受けられません。
しかし今の決算期中の商談であれば、たとえ納車が4月以降でも、増税分かまたはそれ以上の金額の値引きも可能です。
増税があっても焦ってはいないスタンスで、ライバル他車と競合していけば、大幅な値引きも可能でしょう。


2014年2月現在のアイシス目標値引き額

30万円

年度末決算期真っ只中です。1年で一番値引きが大きくなるこの時期に購入可能なら是非アイシスを購入しましょう。
4月からは消費税が上がるので、3月中に納車できるか納車時期を確認して交渉するようにしましょう。
仮に4月以降の消費税アップ後でも、増税分は値引きの上乗せで対応も十分可能です。値引きの上乗せで対応してもらえるように交渉していきましょう。


2014年1月現在のアイシス目標値引き額

30万円

年度末決算期に入って来ました。今年は消費税アップ前なので、ディーラーも新車販売に力を入れてくるでしょう。
定番ですが、ウィッシュやプレマシー、フリードなどと値引き競合させてアイシスの値引きを引き出しましょう。


2013年12月現在のアイシス目標値引き額

30万円

中々具体的なモデルチェンジの話が聞こえてきません。モデル自体は大分古くなってしまったので、モデルチェンジしている他車との競合で値引きは引き出せるでしょう。
フリード、プレマシー、ウィッシュなどとの競合が有効です。


2013年11月現在のアイシス目標値引き額

29万円

10月の一部改良で若干値引きも引き締め傾向ですが、モデル末期なので他車との競合で値引きも拡大するでしょう。


2013年10月現在のアイシス目標値引き額

30万円

決算期が終わってもアイシスはモデル末期なので、値引きは拡大しています。人気の他車と競合させていけば値引きを引き出せるでしょう。

2013年9月現在のアイシス目標値引き額

30万円

9月の中間決算期により、アイシスの値引きも拡大傾向です。
人気のフリード、ウィッシュなどと競合させて「どれにするか迷っている」「出来るだけ安く買いたい」と商談を進めましょう。オプションからの値引きを含めて40万以上の値引きも狙えます。


2013年8月現在のアイシス目標値引き額

30万円

9月の中間決算期を迎えてアイシスの値引きが期待出来る時期です。9月中にナンバー登録できるスケジュールで商談をすすめて行きましょう。その際商談始めに、アイシスの納車はいつになるのか?ディーラーに確認しましょう。
ライバルのフリードやウィッシュ、プレマシーなどと競合していくと、結果値引きも拡大していきます。


2013年7月現在のアイシス目標値引き額

30万円

アイシスもモデル末期、ボーナス商戦で値引きは拡大中です。ライバル他車と迷っている、と競合させて行きましょう。


2013年6月現在のアイシス目標値引き額

30万円

ボーナス商戦が始まりました。人気のフリードやプレマシー、ウィッシュなどと競合させて値引きを引き出しましょう。


2013年5月現在のアイシス目標値引き額

30万円

モデルも大分古くなってきたので、アイシスの値引きは緩いです。
しかし黙っていてはそれなりの値引きでストップしてしまうので、人気の他車と競合させながら商談するようにしましょう。


2013年4月現在のアイシス目標値引き額

30万円

年度末決算セールも終わり、4月に入りましたが、交渉しだいではまだまだアイシスから値引きは引き出せます。
アイシスはモデル末期なのが弱点なので、アイシスより新しい他車との競合が有効です。プレマシーやラフェスタハイウェイスター、ウィッシュ、フリードなどと競合させると値引きで対抗してくるでしょう。


2013年3月現在のアイシス目標値引き額

32万円

まだまだ年度末決算値引きの恩恵が受けられます。
たとえ今月中の納車に間に合わなくても、販売台数を稼げるのはこの時期なので、値引きしてでも契約して台数を稼いでおきたいディーラーも多いはずです。

人気のライバル車などと競合させて値引きを引き出しましょう。


2013年2月現在のアイシス目標値引き額

32万円

年度末決算セール真っ只中で、アイシスの割安な購入が期待できます。

プレマシーやフリード、ウィッシュ、ラフェスタハイウェイスターなどを引き合いに出して、向こうは総額○○万円で買える、アイシスよりも○○万円安い、などと言って値引きを引き出しましょう。


2013年1月現在のアイシス目標値引き額

32万円

アイシスもモデル末期で、値引きも拡大中です。この1月〜3月の年度末決算期は大幅値引きでアイシスを購入できるチャンスでしょう。

プレマシーやフリード、ウィッシュなどと競合させて値引きを引き出しましょう。


2012年12月現在のアイシス目標値引き額

30万円

補助金も終了して、アイシスも末期モデルなので、値引きは緩めです。人気のホンダフリードやトヨタウィッシュ、プレマシーなどと競合していきましょう。


2012年11月現在のアイシス目標値引き額

30万円

補助金終了後、一部の新型車やハイブリッドカー以外は、相変わらず新車販売は厳しいようです。復調は年明けからになりそうです。
今の時期、アイシスも他車との競合を煽りながら商談していけば、値引きを引き出せるでしょう。


2012年10月現在のアイシス目標値引き額

30万円

エコカー補助金も終了して、10月の新車販売は厳しいものになるでしょう。その分、新車を本当に買う気で商談していけば、値引きの上乗せが期待できます。
ウィッシュやプレマシー、フリードなどと、どれににするか迷っている状況で商談していけば、アイシスの値引きも拡大していくでしょう。


2012年9月現在のアイシス目標値引き額

30万円

エコカー補助金が思った以上に駆け込み需要がなく、9月下旬まで持ちそうです。。。
アイシスの在庫車があればまだ間に合うかもしれません。補助金に間に合わなくても、その分を値引きで補填してもらいましょう。

ウィッシュ、フリード、プレマシーなどとの競合が有効です。


2012年8月現在のアイシス目標値引き額

30万円

エコカー補助金は今月中に終了しそうです。補助金が間に合わない場合は、10万円分の値引き等を保証してもらうように交渉していきましょう。
前回もそうでしたが、補助金終了後は新車の売れ行きが一時パタッと止まりますので、ディーラーも厳しい状況になります。
その時に値引き次第ではアイシスを購入する、と言う状況で商談を進めていけば大幅値引きも可能になります。


2012年7月現在のアイシス目標値引き額

30万円

エコカー補助金が今月か来月には終了する可能性があります。補助金が間に合わない場合は、10万円分の値引き等を保証してもらうように交渉していきましょう。
たとえ補助金がもらえないとしても、補助金効果がなくなれば新車販売台数は減少するので、その分ディーラーとの交渉しだいで大幅値引き獲得の可能性は高まります。


2012年6月現在のアイシス目標値引き額

30万円

エコカー補助金が夏頃には予算消化のため終了する可能性があります。アイシスの納車が長引く場合は、もし補助金がもらえない場合は、10万円分の値引きを保証してもらいたい、と交渉しましょう。
エコカー減税は2015年3月まで継続されます。


2012年5月現在のアイシス目標値引き額

30万円

アイシスの値引き交渉では、ライバル車との競合が基本でしょう。同じトヨタのウィッシュ、マツダプレマシー、日産ラフェスタハイウェイスターなどが競合車として有効です。付属品からの値引きを含めて40万前後の値引きが狙えます。


2012年4月現在のアイシス目標値引き額

30万円

すいません、5月以降の新エコカー減税にアイシスは対応しています。。一部グレードでは減税対象外となります(2000ccモデル)
5月以降は減税額が少なくなるので、そこを指摘して値引きの上乗せを迫りましょう。


2012年3月現在のアイシス目標値引き額

30万円

アイシスは補助金対象車ですが、2012年4月からのエコカー減税からは外れてしまいます。。
旧エコカー減税に間に合わない場合は、減税対象から外れることを持ち出してその分の値引きを引き出しましょう。


2012年2月現在のアイシス目標値引き額

30万円

年度末決算セールの真っ只中です!しっかりと値引き交渉して大幅値引きを引き出しましょう。
人気のフリード、プレマシー、ラフェスタハイウェイスター、ウィッシュなどと競合していけば、値引きを引き出せるでしょう。


2012年1月現在のアイシス目標値引き額

30万円

年度末決算セールが始まります。1年で一番安く新車が買えるチャンスなので、可能であればこの時期にアイシス購入の検討をしましょう!
しかもエコカー補助金も復活してよりアイシスにお得感があります。もちろん補助金は値引きとは関係ないので、補助金の10万円は別として考えて、しっかりと値引き交渉しましょう。


2011年12月現在のアイシス目標値引き額

28万円

年末商戦でも値引きは期待できますが、年明けの年度末決算セールが1年のうち新車を一番安く買える時期です。年明けに備えて情報収集するのもいいでしょうね。


2011年11月現在のアイシス目標値引き額

28万円

アイシスの納車期間は11月の時点でおおよそ1ヶ月〜2ヶ月くらいです。エコカー減税には十分間に合うので余裕を持って商談できるでしょう。
ウィッシュやプレマシー、ラフェスタハイウェイスター、フリードなどと競合させると、値引きの上乗せが期待できます。


2011年10月現在のアイシス目標値引き額

28万円

9月の中間決算期は終わりましたが、エコカー減税も来年の3月まで続いているので、ディーラーも売り込みに力を入れています。
人気のフリードやプレマシー、ラフェスタと競合させると、値引きの上乗せが得られるでしょう。同じトヨタのウィッシュとの競合も非常に有効です。


2011年9月現在のアイシス目標値引き額

28万円

9月の決算セール中です。9月中の登録、又は納車が9月の決算セールで安く買える条件と言えます。納車時期を確認しながら商談して行きましょう。
9月中の登録に間に合わなくても、しっかりとライバル車種などと競合していけば値引きは引き出せます。間に合わなくても値引き交渉はしっかりとやりましょう!


2011年8月現在のアイシス目標値引き額

28万円

9月の決算セールがお盆明けから始まりますが、納車に時間が掛かる場合があるので、早めの商談が良いでしょう。
オプション・付属品からの値引きを含めて30〜35万円以上の値引きを目指しましょう!


2011年7月現在のアイシス目標値引き額

29万円

5月の一部改良で若干値引きも引き締め傾向ですが、他車との競合で値引きの上乗せは可能でしょう。
販売好調なプレマシーや、そのプレマシーのOEMモデルのラフェスタハイウェイスターなどとの競合が有効です。もちろん同じトヨタのウィッシュとの競合も有効。
震災後の部品供給も徐々に戻ってきて納車も早まってくるでしょう。10月にはトヨタの生産も100%まで戻るようです。


2011年5月現在のアイシス目標値引き額

30万円

震災の影響で注文しても納車まで数ヶ月後と時間が掛かっています。値引きは通常通り可能なので、ライバル他車と競合させてしっかりと値引きを引き出しましょう。
納車まで期間があるので、下取り車があれば納車まで査定額を据え置きで出来る様に交渉するといいでしょうね。


2011年4月現在のアイシス目標値引き額

30万円

東日本大震災の影響で各メーカーの生産体制も通常の稼動とはなっていません。こうした状況は数ヶ月は続く見込みなので、新車を注文しても納車までは見通しが立たなかったり、期間が掛かったりしています。
しかし受注は受け付けているので、新車を購入することはできます。
こんな時だからこそ、新車を買うことで経済が回って、行く行くは東日本の早期復興にも繋がると思います。
アイシスを買おうかどうか悩んでいる方も、なるべく値引きをしてもらい買いやすくしてもらって、アイシスを購入しましょう!


2011年3月現在のアイシス目標値引き額

31万円

3月中の登録が間に合う状況なら、大幅値引きが飛び出す可能性が高いです。3月登録が間に合わなくても、値引きは引き出せる状況です。新車を買う事は決まっている、ウィッシュやプレマシーなど他車と迷っている、などと購入意欲を見せながらも車種選びで迷っている状況で商談を進めて行きましょう。


2011年2月現在のアイシス目標値引き額

31万円

年度内(3月末まで)の登録が、年度末決算期の値引きの恩恵を受けられる条件です。逆算してスケジュールを立てて、間に合うように余裕を持って商談を行いましょう。
人気のフリードやウィッシュ、プレマシーなどとの競合が有効ですね。


2011年1月現在のアイシス目標値引き額

31万円

年度末決算期に入ってきました。ディーラーでは決算フェア等が開催されていて値引きも期待できます。
基本的なことですが、プレマシーやフリード、ウィッシュ、ストリーム、スライドドアならステップワゴンやヴォクシーなども考慮に入れて、アイシスと競合させて行きましょう。競合と言っても「この中でどれにするか迷っている」と伝えればOKです。
タイミングや交渉次第では、オプションからの値引きを含めて35万以上の値引きは可能でしょう。


2010年12月現在のアイシス目標値引き額

31万円

補助金終了の影響が根強く、国内の新車販売はパッとしません。来年の2,3月の決算期で盛り返せばいいのですが・・
新車が売れないので他車との競合を絡めていけば、値引きの上乗せは可能でしょう。同じトヨタのウィッシュや人気のフリードを絡めていけば、値引きで答えてくれそうです。


2010年11月現在のアイシス目標値引き額

32万円

補助金終了により相変わらず販売は低迷しているので、値引きは引き出しやすい傾向です。ただ黙っていては、減税で安く買えることをアピールされて値引きは増えないでしょう。
ウィッシュやストリーム、フリードなどと、どれにするか迷っている、と競合させていきましょう。


2010年10月現在のアイシス目標値引き額

32万円

補助金が終わってから予想以上に客足がパッタリととまってしまったようです・・・
ディーラーもある程度安くしないと買ってくれない、と言う思いもあるでしょう。少なくとも年内は販売台数が昨年比マイナスが続きそうなので、値引きの上乗せにも応じてもらいやすくなります。
エコカー減税と併せれば、やはりかなりお買い得でアイシスを買えると思いますよ!


2010年9月現在のアイシス目標値引き額

32万円

エコカー補助金が予算終了のため、9月7日申請分で終了してしまいました。
しかしまだエコカー減税はあるので、9月の中間決算期の値引きを含めれば、まだまだ新車を安く買うことは出来ます!
ディーラーさんも補助金が終了して客足が鈍っているので、本気で購入する意思を見せれば値引きの上乗せにも対応してくれるでしょう。


2010年8月現在のアイシス目標値引き額

29万円

9月までのエコカー補助金の予算が期限満了前になくなりそうです。なので補助金目当ての需要が活発で、補助金をもらうためには早めに行動した方がいいでしょう。特に13年超車からの乗換えなら25万の補助金が出るので、急いだ方がいいでしょう。

13年超車からの乗換えでなくても、10万円の補助金が出ますが、10万円なら値引きでカバー出来そうなので、9月の決算セールで大幅値引きを狙ってもいいでしょうね。


2010年7月現在のアイシス目標値引き額

28万円

ボーナス商戦ですが、値引きよりも補助金が間に合うかどうかの方が、一般的には重要のようです。13年越えの車から買い換えるなら補助金は25万円なのでこれは大きいです。早めに契約したほうがいいでしょう。
13年越えの車を所有していないなら、補助金は10万円です。10万は大きいですが、補助金終了後は間違いなく新車販売は落ち込みます。ディーラーも落ち込みを減らそうと値引きしてくる可能性が高いです。
だったら間に合わないのを承知で補助金分も含めて9月の決算時期に、大幅値引きを狙ってもいいでしょう。減税は継続されるので、10万円の差ならある程度値引きや用品サービスでカバーできそうです。


2010年6月現在のアイシス目標値引き額

28万円

補助金の締め切りも9月末までといよいよ迫ってきました。納車に時間が掛かるようだと、早めに購入に踏み切った方がいいかもしれません。この6月、7月のボーナス商戦はアイシスを安く買うチャンスでしょう。ウィッシュなどと競合させて値引きと減税、補助金で割安でアイシスを買うチャンスですね。


2010年5月現在のアイシス目標値引き額

28万円

やはり値引きの基本はライバル車との競合でしょう。マツダプレマシーや日産ラフェスタ、ホンダストリーム、ステップワゴンなどと「どれにするか迷っている」と商談を進めていきます。トヨタウィッシュとの競合も非常に有効でしょう。


2010年4月現在のアイシス目標値引き額

28万円

決算期も終わり、値引きは若干引き締め傾向です。エコカー減税や補助金のお得感をアピールして、中々値引きの上乗せにも応じてこない事も。
その場合は、他車との競合で値引きを引き出しましょう。4月は販売台数が少なくなるので、上手くいけば決算期と変わらないくらいの値引きを引き出すことも可能です。


2010年3月現在のアイシス目標値引き額

30万円

年度末決算最後の追い込みですが、通常は3月末までの登録が販売店の目標になります。
アイシスの在庫車があれば3月中の登録に間に合うので、決算値引きの恩恵にあずかれますが、注文車だと3月中の登録に間に合わなくなる事も考えられます。決算の大幅値引きを狙うなら、早めに動いた方がいいでしょうね。


2010年2月現在のアイシス目標値引き額

30万円

これから2月3月と一年で一番割安で新車が買えるチャンスとなる決算期です。今年は特にエコカー減税とエコカー補助金もあって、かつて無いほど安く新車が買えるでしょう!
補助金は2010年9月末までの登録が対象となりますが、予算には限りがあるので、新車購入予定がある方は、この決算期で大幅値引きを引き出して安く買うのも一つですね。


2010年1月現在のアイシス目標値引き額

30万円

決算期に入ってきました。この決算期に値引きをたっぷりしてもらって、エコカー減税とエコカー補助金でさらに割安でアイシスを購入しましょう!


2009年12月現在のアイシス目標値引き額

30万円

ボーナス商戦なのでディーラーも値引きを頑張ってくれる時期です。年内登録OKの在庫車があれば、値引きの上乗せが期待できます。年内にこだわらなければ、年明けからの年度末決算期に購入すれば、値引きも緩んでくるでしょう。


2009年11月現在のアイシス目標値引き額

30万円

オプションからの値引きも含めたら30万以上の値引きは欲しい所ですね。減税と値引きは別問題なので、減税分は平等に恩恵を受けて、値引きは値引きでしっかりと交渉してこれまでよりも割安にアイシスを買いましょう!


2009年10月現在のアイシス目標値引き額

30万円

マイチェンされ、エコカー減税にも対応になったので値引きは若干厳しくなりました。。


2009年9月現在のアイシス目標値引き額

33万円

9月18日のマイナーチェンジでエンジンがウィッシュと同じ機種になり、エコカー減税の対象グレードが拡大されます。
ウィッシュやプレマシー、ストリームなどと競合していけば値引きの上乗せは期待できます。決算期なので短期の交渉でも値引きを引き出せるでしょう。


2009年7月現在のアイシス目標値引き額

35万円

アイシスはエコカー減税の対象ですが、グレードは4WDのみに限られてしまいます。FFのグレードには減税はありませんので(13年超車からの乗り換え補助金25万はあります)、ライバル他車と比べると、現在では割高感は否めません。
FFでもエコカー減税の対象車である、ウィッシュやストリーム、プレマシー、ラフェスタなどと競合させて、減税分の値引き上乗せを迫りましょう。


2009年5月現在のアイシス目標値引き額

33万円

新型ウィッシュやプレマシー、ストリーム、フリードなどと競合すれば、アイシスの値引きの上乗せが獲得しやすいでしょう。

また、アイシスの4WD車は50%のエコカー減税の対象グレードです。(2.0L Gエディションを除く)
プラタナリミテッド4WDなら、取得税・重量税が50%減額され
約92,300円安くなります。

さらにエコカー補助金で13年超車からの乗り換えなら25万円(全グレード)、乗換えがなくても10万円の補助金(4WD車)が下りる予定です。減税、補助金、値引きと合わせればかなりお得にアイシスを買うことが出来るでしょう!


2009年4月現在のアイシス目標値引き額

33万円

4月になり多少値引きが引き締められますが、7月に行われる予定のマイナーチェンジに向けて在庫整理がされ、値引きも拡大するでしょう。


2009年3月現在のアイシス目標値引き額

33万円

新車販売台数の減少でメーカーでも減産、在庫整理を行っています。新車が売れない不況の今がアイシスを安く買うチャンス?です。
プレマシー、ウィッシュ、ストリーム、フリード、セレナなどと競合してアイシスの値引きを引き出しましょう。


2009年1月現在のアイシス目標値引き額

33万円

年度末決算の時期になってきました。少々早いですが、3月末までの台数獲得に向けて、ディーラーでも低金利ローンやオプションプレゼント、キャッシュバック、下取り車の査定アップなど、様々な決算キャンペーンを展開していくでしょう。

この急激な不況でとにかく車が売れ難くなっているので、決算期も合わさり、かなりの値引きが期待できそうです。
あまり値引き値引きと迫らずに、「○○と迷っている」と商談していけば、値引きも拡大していくでしょう。


2008年12月現在のアイシス目標値引き額

32万円

アイシスと同クラスの定番車種との競合や、ステップワゴン、フリード、セレナなど人気のミニバンなどとの競合も有効でしょう。

昨今の金融危機の影響もあり、新車が売れ難くなっています。
本気で買う気を見せれば、ディーラーも値引きで応えてくれる環境にあります。年度末決算期まで待たなくても、大幅値引き獲得も難しくないでしょう。

とは言え、早く景気が良くなってくれるにこしたことはありません。^^;


2008年11月現在のアイシス目標値引き額

32万円

ウィッシュやプレマシー、ラフェスタなど同クラスのライバル車や、ノア・ヴォクシーなどのスライドドア車、人気のフリードなどと競合していけば、値引きの拡大が期待できます。


2008年10月現在のアイシス目標値引き額

32万円

決算期が終わってもアイシスからの値引きはそれほど引き締められないでしょう。今は新車が中々売れないので、ライバル他車を絡めて交渉すれば、値引きで応えてくれるでしょう。


2008年9月現在のアイシス目標値引き額

32万円

中間決算期です。俗に言う、買い頃叩き頃!です(笑)。
しっかりと他車と競合させて、可能なら越境交渉もして値引きを引き出しましょう。ここが勝負時と感じたら一気に条件を詰めて契約を盾に最後の値引きを引き出します。

車両からの値引き+オプションからの値引きで40万以上も無理な数字ではありません。


2008年8月現在のアイシス目標値引き額

31万円

お盆休み明けから9月の中間決算セールを開催するディーラーも多い事でしょう。このご時勢、中々新車も売れないことからアイシスの大幅値引きも期待できます。
ウィッシュ、ストリーム、プレマシー、ラフェスタ、ステップワゴン、ノア、ヴォクシーなどの競合車と競合させて決算値引きを引き出しましょう。
クラスは違いますが販売好調で両側スライドドアのホンダフリードを競合相手に持ってくると、トヨタの営業マンも反応して条件を緩めてくるかもしれません。


2008年7月現在のアイシス目標値引き額

31万円

ボーナス商戦〆の月です。昨今の原油高で新車の販売も思わしくないので、買う気を見せれば値引きにも対応してくれるでしょう。
定番のウィッシュ、プレマシー、ラフェスタなどと競合させて値引きを引き出しましょう。


2008年6月現在のアイシス目標値引き額

31万円

6,7月のボーナス商戦に入ってきました。昨今のガソリンや物価の高騰もあり、新車の売れ行きはあまりよくありません。ディーラーも新車が売れないので、売るために値引きを緩めてくる事も考えられます。

このボーナス商戦では、交渉次第ではアイシスの大幅値引きが期待できるでしょう。


2008年5月現在のアイシス目標値引き額

30万円

特別仕様車も発売され、ディーラーもアイシスの売り込みに力を入れてきます。特別仕様車は値引きが少ないとされますが、交渉次第では通常モデルと変わらないくらいの値引きを引き出すことも可能です。

プレマシーやラフェスタ、ウィッシュなどと「迷っている」と競合させて値引きを引き出しましょう。夏に一部改良すれば、6月のボーナス商戦から旧モデルを大幅値引きで購入する事も可能です。


2008年4月現在のアイシス目標値引き額

30万円

決算期も終わり、ディーラーも一息ついてる頃でしょうか?^^;
例年4月は決算期の煽りで、販売目標の達成が厳しいそうです。決算期が終わったとは言え、ディーラーや営業マンの販売ノルマ達成時期にタイミングよく交渉できれば、4月もアイシスを安く買うチャンスはあります。


2008年3月現在のアイシス目標値引き額

32万円

3月は3月中の登録が可能な車両が残っているかどうかが、大幅値引きのためのカギになります。
3月中の登録(または納車)で営業マンやディーラーの成績・実績となるため、3月中の登録に間に合う車があれば、営業マンも値引きを頑張ってくれるでしょう。

ディーラーや営業マンの販売目標が達成できていなければ、3月商談で大幅値引きの可能性が高まります。

2008年2月現在のアイシス目標値引き額

32万円

さあ、年度末決算のピークがやってきました。毎年同じようなこと書いてますが(笑)、2月登録または3月登録or納車の条件なら、アイシスの大幅な値引きも夢ではありません。

決算期の中でも、台数を欲しがってるディーラー&セールスマンに当たればアイシスの値引きがかなり期待できます。

プレマシーやウィッシュ、ラフェスタ、ノア、ヴォクシーなどと迷っている事を強調しながら、タイミングをみて割安な条件をズバッと提示しましょう。

2008年1月現在のアイシス目標値引き額

31万円

さあ、年度末決算の時期がやってきました。毎年同じこと書いてますが(汗)、1年で1番新車を安く買うことが出来るチャンスの時期です。

オプションからの値引きを含めたら35万、瞬間最大風速的に40万越えの値引きも過去にはあります。
プレマシーやウィッシュ、ラフェスタ、ノア、ヴォクシーなどと競合させて大幅値引きを獲得しましょう。

2007年12月6日現在のアイシス目標値引き額

30万円

年内登録OKで交渉すれば、大幅な値引きが期待できるでしょう。
最初は、「年内登録だとすぐに年式が1年古くなって、下取りに出すときに査定額で不利になるので、登録は年明けを考えている」と交渉します。

そして営業マンが年内登録を強く勧めてきたら、「では年内登録でいいので、年落ち分を値引きでカバーしてください」と値引きの上乗せを迫るといいでしょう。

2007年11月7日現在の目標値引き額

30万円

販売台数も振るわず、値引きもマイチェン直後に比べて拡大傾向です。ウィッシュやストリームなどと競合させていけば攻略できそうです。
新型ノア・ヴォクシーをぶつけると、営業マンも値引きで対抗せざるを得ないでしょう。

2007年10月5日現在の目標値引き額

28万円

決算も終わり、値引きは若干引き締められそうです。ただ、登録車は苦戦続きなのでタイミングによっては大幅値引きも可能です。

ウィッシュやプレマシー、ラフェスタ、新型のノア・ヴォクシーなどと競合させてアイシスを攻略しましょう。
地元のトヨタ店以外にも可能なら隣県のトヨタ店、アイシスを扱っているサブディーラーなど出来るだけ複数のディーラーを回って、アイシスの値引きを引き出しましょう。

2007年9月6日現在の目標値引き額

30万円

.9月は中間決算期です。9月中の登録or納車を条件に交渉していけば、大幅値引きの確立も高まります。

プレマシー、ラフェスタ、ウィッシュ、新型ノア・ヴォクシーなどと迷っている状況で商談を進めましょう。9月登録ギリギリのタイミングなら一発勝負で、「この条件なら契約する」と短期決戦で攻めても良いでしょう。

2007年8月9日現在の目標値引き額

26万円

.お盆休み明けから、9月の中間決算の販売セールが本格化します。アイシスの値引きも9月中の登録or納車条件で拡大していくでしょう。

ラフェスタ、ウィッシュ、プレマシーなどとしっかりと競合させて、値引を引き出しましょう。

2007年7月6日現在の目標値引き額

26万円

マイチェン後のアイシスの値引きは相変わらずガードが固いようですが、車両+オプションからの値引き総額30万は交渉次第で可能のようです。

9月の中間決算期の方が値引きは拡大しそうですね。

2007年6月6日現在の目標値引き額

25万円

マイナーチェンジ後の値引きはやはり渋いようです。とは言え、オプションからの値引き込みで値引きの総額30万オーバーは目指したいですね。
6月、7月のボーナス商戦で、ディーラーの販売目標やノルマなどに、上手く交渉のタイミングが合えば、値引き30万オーバーは難しくないでしょう。

2007年5月9日現在の目標値引き額

25万円

5月14日のマイナーチェンジ後のアイシスの目標値引き額です。マイチェン後しばらくは値引きが引き締められるかもしれませんが、ボーナス商戦では再び値引きは拡大傾向になるでしょう。

2007年4月8日現在の目標値引き額

33万円

5月のマイナーチェンジで現行モデルはオーダーストップで、在庫のみの販売のようです。現行モデルを買うならそれなりの値引きを引き出して割安で購入しましょう。

マイチェン後の新型を対象とするなら、値引きはしばらく渋いかもしれません。

2007年3月6日現在の目標値引き額

33万円

ディーラーにアイシスの在庫があれば、3月21日の祝日か24、25の3月最後の土日までに契約すれば、3月中登録に間に合うギリギリのタイミングかもしれません。
3月登録に間に合えば、まだ目標に達していないディーラー&営業マンに当たれば、アイシスの大幅値引きが見えてきます

2007年2月12日現在の目標値引き額

33万円

アイシスを安く買うなら今です!これから3月中の納車(又は登録)に間に合うように交渉していけば、大幅値引きでアイシスを購入できるチャンスが大きいです。ウィッシュ、ストリーム、プレマシー、ラフェスタから、ノア、ヴォクシー、ステップワゴンまで絡めて値引きを引き出しましょう。
短期決戦で1回〜2回の商談で決める作戦もこの時期は有効です。

2007年1月16日現在の目標値引き額

31万円

いよいよ年度末決算の時期になってきました。2月、3月に登録するスケジュールで商談すると大幅値引きの可能性も高くなります。
フルにオプション・付属品を付けたら、値引きの総額40万以上も十分狙えます。

2006年12月6日現在の目標値引き額

31万円

12月はボーナス商戦ですが、新車の登録台数は少なくなります。
また、1月〜12月までの1年間の販売目標もあるので、年内登録の条件で大幅値引きの好条件が出ることもあります。
年内登録と年明けの2007年登録だと、数年後の下取り査定価格にも差が出てくるので、乗りつぶすつもり、又は気にしないのであれば、年内登録で交渉して、それほど値引きが出ないのであれば、年明けか2〜3月の年度末決算期まで視野を広げると良いでしょう。

2006年11月8日現在の目標値引き額

30万円

11月もこれまでと変わらず、30万オーバーの値引きが狙えます。ウイッシュ、ストリーム、ラフェスタ、プレマシーの他、ノアやヴォクシー、ステップワゴンまで競合できます。フルにオプションを付けたら、値引きの総額35万以上、40万近辺まで狙えます。

2006年10月5日現在の目標値引き額

30万円

9月中は30万オーバーの値引きが多々見られました。9月の販売台数も目標台数を若干上回っただけで、10月はおそらく目標の4000台を下回るでしょう。10月も30万オーバーの値引きは狙えます。

2006年9月6日現在の目標値引き額

30万円

9月の中間決算によるキャンペーン中です。9月中の登録を条件に交渉すれば、値引きも拡大するでしょう。
9月9、10の週末、在庫車があれば16、17、18日の三連休、23,24でもぎりぎり9月登録に間に合うディーラーもあるかもしれません。
9月中の登録を条件に、値引きの総額35万以上、オプションをたくさん付けた場合は40万突破も不可能ではありません。

2006年8月6日現在の目標値引き額

30万円

ボーナス商戦も終わりちょっと一息ですが、お盆休み明けにはすぐに中間決算期によるキャンペーンが始まります。
9月中の登録を目指してディーラーや営業マンも売り込みに力を入れてきます。商談スケジュールを立てて、9月2、3、9、10の週末、在庫車があれば16、17、18日の三連休に契約するタイミングで交渉を進めると大幅値引きの可能性も高くなります。
9月中の登録が条件であれば、オプションにもよりますが、値引きの総額35万以上を目指したいですね。

2006年7月6日現在の目標値引き額

28万円

ボーナス商戦も終盤です。15,16,17日の三連休が狙い目でしょうか。在庫があれば、22,23日の週末がビックチャンスでしょう。
オプションからの値引きを含めれば、30万引きオーバーが出ています。
ノルマのきつい販売店や営業マンに当たれば、値引きの総額40万に迫れるかもしれません。

2006年6月6日現在の目標値引き額

28万円

オプションからの値引きを含めれば、30万以上の値引きは獲得したいところ。ボーナス商戦なので、今月から7月中旬、在庫車があれば7月22、23日の週末まで、値引き交渉によって割安で購入できるチャンスです。上手く交渉して値引きを勝ち取りたいですね。

2006年5月10日現在の目標値引き額

28万円

今月も変わらず28万円位が目標値引き額です。6月からボーナス商戦が始まります。ディーラーも下取り対策費や目標達成の報奨金を値引きにまわすなどして、販売増に力を入れてきます。
今月から準備をして、大幅値引き獲得を目指しましょう。

2006年4月8日現在の目標値引き額

28万円

更新をサボっておりましたが、、目標値引き額は4月になった現在でも変わっておりません。20万円台の値引きは十分可能で、交渉次第では値引きの総額30万円は可能でしょう。
他車との競合に加えて、可能であれば他県へ越境してトヨタ店同士の競合が有効です。
4月は中古車需要も高いので、下取り車の高取りも十分可能です。ディーラーの査定に加えて、複数の買い取り店で査定してもらい、1円でも高く下取り車の査定を付けてもらいましょう。

2006年2月10日現在の目標値引き額

28万円

決算セール真っ只中です。アイシスの2006年1月の販売台数は3,454台で昨年の1月と比べると、56.2%で半数近いダウンになっています。

月間目標台数の4000台にも届いていない状態なので、この決算期では思い切った値引きが飛び出しそうです。
高額なオプションを付けたら値引きの総額30万以上を狙いましょう。この時期なら十分に達成可能です。瞬間最大風速では40万近辺も狙えるかもしれません。
競合はウイッシュが有効ですが、他メーカーのラフェスタ、プレマシーも絡めましょう。

2006年1月12日現在の目標値引き額

26万円

プラタナGエディションですが、特別仕様車なので値引きを渋るディーラーもありますが、通常の注文車と変わらない値引きが出ているところもあります。
オプションからの値引きを含めて25万前後は獲得出来るのではないでしょうか。2,3月の決算期では30万引き以上が飛び出しそうです。

2005年12月5日現在の目標値引き額

26万円

11月30日に一部改良が行われましたが、値引きはそれほど引き締められないはず。
同じく12月7日に一部改良されるラフェスタや値引きの大きいプレマシー、良く売れている人気のウイッシュなどをぶつけて丹念に競合させましょう。
プラタナGエディションは特別仕様車なので値引きは渋いかもしれません。それでも値引きの総額で20万以上は獲得したいところです。

2005年11月11日現在の目標値引き額

27万円

11月30日に一部改良が行われます。現行モデルは在庫販売で、在庫が残っていれば購入できます。
大幅値引きを狙うなら、「改良後のモデルを購入したいが、大幅な値引きが出るなら在庫車も検討したい。」とやりましょう。それで営業マンが乗ってくれば大幅値引きのチャンスです。もっとも在庫車が残っていればの話ですが・・・

改良後のニューモデルでは、多少値引きが引き締められると思いますが、ガチガチと言うほどでもないでしょう。20万以上の値引きは十分可能と思います。

2005年10月6日現在の目標値引き額

25万円

9月の中間決算では、値引きの総額30万円以上が出ていたようです。10月は多少引き締め傾向が見られますが、ひるんではいけません。(笑)
ウイッシュやステップワゴン、ノア・ヴォクシー、セレナ、オデッセイなど、多少タイプは違っても販売好調のライバル車が多数ありますので、これらと上手に競合させれば大幅値引きも夢ではありません。

年内か年明けにも一部改良が行われれば、在庫一掃セールで値引きも拡大するでしょう。

2005年9月14日現在の目標値引き額

24万円

更新が遅くなりましてすいません。。
9月の中間決算期真っ最中ですね。今月ならディーラーも多少の無理は聞いてくれるはずです。
車両+オプションからの値引きの総額では、30万オーバーを狙いたいですね。
マイナーチェンジされたウイッシュとの競合が有効です。

2005年8月2日現在の目標値引き額

21万円

ボーナス商戦が終わりました。ボーナス商戦では、値引きの総額30万オーバーがチラホラ出たようです。
他のライバル車と比べ堅調に売れているため、全般的にまだ強気な売り方が目立つようです。
各ディーラーもお盆休みまで一息ついて、休み明けから9月の中間決算の売込みを開始します。
割安な購入を目指すなら9月の決算を狙いましょう。
9月5日にマイナーチェンジを控えているウイッシュとの競合が有効でしょう。マイナー後のウイッシュよりも大幅な値引きを獲得したいですね。

2005年6月27日現在の目標値引き額

23万円

非常に堅調に売れているアイシスです。初回の値引き額は今までと変わらず、10万前後〜15万ほどでしょう。
日産のラフェスタが販売下落で値引きが拡大しています。同じくプレマシーもですね。この2車との競合や、9月にマイナーチェンジを控えて大幅値引きが期待できるウイッシュも有効な競合車です。
アイシスの納車期間も短くなりましたので、ボーナスセール終了の7月ぎりぎり登録を狙って交渉すれば、オプションからの値引きを含めた値引きの総額で30万突破も期待できるかもしれません?

2005年5月29日現在の目標値引き額

22万円

いよいよ6月から夏のボーナス商戦に入ります。決算期を終えてから値引きの渋かったディーラーも、ボーナス商戦と言う事で、値引きの枠も拡大しているでしょう。
ウイッシュやラフェスタ、プレマシーはもちろん、ノア・ヴォクシー、そしてフルモデルチェンジして両側スライドドアに低床構造で車高の低くなったホンダステップワゴンも、競合車として有効かもしれません。
これらとうまく競合を煽り、大幅値引きを勝ち取りたいですね。

2005年5月11日現在の目標値引き額

18万円

やはり決算期よりも値引きは引き締めています。現状ではオプションからの値引きこみで20万を超えれば、成功でしょう。
ゴールデンウイークも終わり、いよいよ夏のボーナス商戦に向けて動き出します。今よりも割安な購入を目指すなら、6月、7月のボーナス時期に的を絞って商談するのが良いと思います。

2005年4月5日現在の目標値引き額

18万円

決算期が終わりましたね。決算期中は値引きの総額が20万後半にまで拡大しました。
4月は多少ガードが固くなりますが、例年販売台数が落ち込む時期です。ディーラーや営業マンのノルマも普段より低く設定されますが、それでもなかなか大変のようですね。ノルマ達成の厳しいセールス氏に出会えれば、決算期と変わらないぐらいの値引き獲得も可能です。

2005年3月17日現在の目標値引き額

20万円

3月中に登録できる車両が残っていれば、今週末の三連休(19,20,21)が、決算値引きで購入できる最後のチャンスでしょう。
この決算期で大分値引きのガードが緩んだようです。4月になれば多少引き締められますが、夏のボーナス商戦に向けてライバル車と競合していけば攻略は可能です。

2005年2月17日現在の目標値引き額

18万円

この決算期では15万を超える値引きが出ているようです。当HPに寄せられる交渉レポートにも、車両から20万を超える値引きが報告されています。(交渉レポートは後日アップします)
1,8なら納車期間も比較的短いので、まだまだ決算期の大幅値引きのチャンスがあります。2,0でも3月登録可能な車をディーラーが押さえている事もありますので、あれば大幅値引きのチャンスでしょう。
オプションからの値引きを含めたら、20万以上はクリアしたい所ですね。

2005年1月31日現在の目標値引き額

15万円

相変わらず渋いようですね〜。納車期間ですが2000ccは約2ヶ月、1800ccは4週間前後のようですね。装備付属品からの値引きを含めると合計20万前後の値引きが限界付近のようです。合計20万引きの内容も、車両から15万プラス付属品から5万だったり、車両から3〜5万プラス付属品から15〜17万だったりと様々です。この辺はディーラーの事情によるようです。車両からの値引きはどのディーラーも抑えたいようですね。
一般的に値引きが大きくなる3月の年度末決算を視野に入れると、3月末までの登録が販売店の実績となるので、それに合わせた交渉スケジュールをたてましょう。1800ccなら納車4週間として2月末の契約、2000ccなら1月末から2月上旬に契約にすると、3月末の登録にぎりぎり間に合う計算になります。もちろん実際の納車期間はディーラーで確認しなければなりませんが、これらの時期に合わせて交渉すれば値引き額もアップするかもしれません。

ただ買い急ぎは禁物です。あくまで相手の出方を見て粘り強く交渉して行きましょう。車両からの値引き、付属品からの値引き、下取り車の査定額アップ、諸費用カットなど出来るものはすべて要求しましょう。買い取り店でも査定してもらうと、ディーラーの下取り額が適切かどうか判断が付きます。
ウイッシュ、ラフェスタ、プレマシー、などの他車との競合も忘れずに。

2004年12月29日現在の目標値引き額

15万円

やっぱり納車待ち1〜2ヶ月状態が続いているようですね。タイミングによっては、2ヶ月以上かかる場合も・・
値引きは全般的に厳しいようですが、ちらほら値引きの総額20万オーバーが出てくるようになりました。
オプションをどれだけ付けるかにもよりますが、フルに装備・付属品を付けたら値引きの総額20万以上を狙いましょう。
来年の決算期は、ラフェスタ、NEWプレマシー、ウイッシュなどとの競合で、今よりも割安な購入が期待できます。

2004年11月17日現在の目標値引き額

14万円

相変わらずの人気で納車待ち1〜2ヶ月状態が続いているようです。納車待ちが1ヶ月以内になってこないと、値引きの方もなかなか拡大しないでしょう。
12月は年末商戦がスタートしますし、日産ラフェスタもデビューします。年明けにはプレマシーも・・・この辺りをうまく交渉材料にすれば、14万引きは期待できるのではないかと思います。

2004年11月3日現在の目標値引き額

12万円

初回交渉では、値引き5万円〜スタートが多いようですね。
車両本体価格から10万円前後値引き、ディーラーオプション10〜20%引き又はサービス、と言うケースが多いようです。
現状では車両本体価格から12万円引き出来れば成功でしょう。
上位グレード(プラタナ、G、Gセレクション)では、15万引きを目標にしてもいいです。
日産から12月2日に出る新型車、ラフェスタの登場を待って、競合させるのも効果的です。



トップページへ

アイシスってどんなクルマ?ここがアイシスの”ウリ”ですアイシスの基本!主要諸元
グレードと価格を教えて!アイシスのグレード解説!開発者のお言葉試乗記!
目標値引き額は?|新車値引き交渉術実例!アイシス値引き交渉アイシスのライバル車は?
アイシスの見積もり書アイシスの中古車モデルチェンジ情報!アイシスをドレスアップ!
アイシス掲示板アイシス最新ニュースアイシスリンク集



当サイト掲載内容の無断転用は固く禁じます。
Copyright c2010 トヨタ アイシスを買おう!All Rights Reserved